O脚の矯正には寝るときの体勢も重要

O脚の矯正には寝るときの体勢も重要

O脚の矯正をする人もいるでしょうが、O脚を矯正する場合は、寝るときの姿勢を改善することもポイントです。

寝る時には、横向きになって背中を丸める人もいますが、そうすると背骨が曲がって、体のバランスが崩れてしまいます。O脚の人は重心がずれていることが多いですから、それを改善するためにも、背骨がなるべくまっすぐの状態で寝ることが大切です。

それから、寝る前に体が緊張した状態になると体に負担を掛けてしまうため、なるべくリラックスした状態で寝ることもポイントです。軽くストレッチをするなどしておくと、体に負担を掛けにくいでしょう。もし起きた時に体が痛いと感じるようであれば、寝方が悪かったり、寝る時に体が緊張した状態になっている可能性が考えられます。

寝るときの姿勢を改善するのは案外難しいかもしれません。自分では無意識のうちに、間違って寝方をしている人も多いでしょう。しかし、自分で意識することによって少しずつ改善されるでしょうから、寝る時には気を付けてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする