O脚と寝る時の体勢の関係性

O脚と寝る時の体勢の関係性

O脚と寝る時の体勢には関係性があります。寝る時に柔らかい枕や布団を使用すると、体が曲がってしまいますよね?特に背骨に負担を掛けますが、それが原因で普段の姿勢が悪くなる可能性があります。

姿勢が悪くなると体のバランスが崩れるため、下半身に負担を掛けてO脚となる可能性もあるのです。それを避けるためには、寝るときの体勢を見直すことが大切です。

体勢としては、まっすぐ仰向けの状態になって、足もまっすぐ伸ばしたまま寝ることがポイントです。この体勢に慣れていない人はなかなか寝付けないかもしれませんが、これが健康的な寝方ですから、意識してみましょう。

体勢として気を付けることは基本的にこれだけなのですが、柔らかい布団やベッド、枕を使うのは避けることをオススメします。まっすぐな状態で寝ても、布団などが柔らかいと意味がありませんので、背骨が沈みにくい、ある程度硬さのあるものを選んで下さい。このような点を見直すことにより、体の不調が改善されるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする