O脚は捻挫の原因になる

O脚は捻挫の原因になる

O脚の人は、足がまっすぐな人に比べて捻挫しやすいと言われています。なぜこのようなことが起きるのかというと、O脚の人は体の重心がずれており、歩く時に重心が外側に向きがちなのです。そのような状態で歩いていると、転びやすく、足首に負担が掛かるために捻挫しやすいのです。

正しい歩き方としては、つま先は正面を向けた状態で着地することですが、O脚の人は足が曲がっている状態ですから、つま先が横を向いてしまいがちです。そうすると足が絡みやすくなりますので、注意が必要です。

捻挫を防ぐためには、歩き方を改善することが大切です。体の重心が内側を向くように意識しましょう。そして、つま先は正面を向けた状態で着地するように心がけることもポイントです。つま先から着地したら、重心をかかとに移動させて足を上げ、再びつま先から着地…ということを繰り返します。

最初は難しいかもしれませんが、この歩き方をすることによって捻挫しにくくなりますし、O脚の改善にも繋がりますので、努力してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする