足首の捻挫とO脚の関係

足首の捻挫とO脚の関係

O脚の人で頻繁に足首を捻挫するのであれば、その原因はO脚かもしれません。O脚であることにより、足首を捻挫しやすくなる人は多いのです。

O脚の人は、足の関節が内側に傾いているため、足首も歪みやすいのです。靴を見ると分かりやすいのですが、外側のすり減りが早いことでしょう。そうすると、関節がぐらつきやすくなるため、足首を捻挫しやすくなってしまいます。O脚の人は足のバランスが崩れがちですし、その上足首に負担が掛かりやすいため、捻挫しやすいのは当然だと言えるでしょう。

足首を捻挫してばかり…という状況は良くありませんので、できるだけ足首を柔軟に保つことが大切です。たとえば、足首を柔軟に保つストレッチやエクササイズなどの方法もありますので、毎日お風呂上がりに実践してみてはいかがでしょうか。それだけでも、足首が柔らかくなりますので、捻挫しにくくなるのです。

最も良いのは、O脚自体を改善することです。O脚矯正として歩き方を見直すことで足首への負担を軽減することも可能ですので、O脚矯正に効果的なストレッチを毎日実践してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする