O脚矯正は幼児でも必要なのか

O脚矯正は幼児でも必要なのか

O脚矯正は幼児の時でも必要なのかというと、必要ではありませんので安心して下さい。確かに、O脚は早い段階で矯正した方が良いと言われています。子供の時に矯正した方が、骨や筋肉が成長段階ですから、まっすぐな状態になりやすいというメリットがあります。

しかし、幼児の場合は、時間が経つにつれてO脚が改善される可能性は充分に考えられます。あまりにも早い段階で無理に矯正しようとすると、それが原因でO脚が悪化する恐れもあるのです。

誰でも産まれた時はO脚であり、しばらくはその状態が続きます。つまり、幼児の時にO脚だからと言っても、決して不思議なことではありません。子供のことを考えるのであれば、不安に思うのは当然ですし、何とかして矯正したいと思うでしょう。しかし、幼児の足に負担を掛けるのは良くありませんので、そこは我慢して様子を見ましょう。

大体、10歳頃になってもO脚が改善されないようであれば、残念ながら足がまっすぐな状態になるのは困難だと思われます。そのような時は、本格的にO脚を改善する方法を検討してみると良いでしょう。子供の場合は、無理に矯正しようとすると、それが嫌になってしまう可能性もありますので、子供と相談しながら、ゆっくりとチャレンジすることが大切です。

たとえば、子供でも実践できるトレーニング方法もあります。手軽で短時間で実践できるような方法であれば、子供にとっても苦痛にはならないでしょうから、親御さんが方法を調べて、最も良いと思える方法を実践してみてはいかがでしょうか。

また、生活習慣を改善することも大切です。猫背のようであれば、姿勢を改善したり、寝方や寝具の見直し、座り方、立ち方、歩き方の矯正なども効果的です。早いうちから改善することで、それが当たり前になりますので、子供にとっても、きっと良い方向に向かうはずです。今はインターネットで色々と情報を調べることができますので、参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする