O脚は膝下のねじれが原因なのか

O脚は膝下のねじれが原因なのか

O脚は膝下のねじれが原因で生じることもあります。足が内側にねじれることにより、足が曲がった状態になりますので、次第にO脚になってしまうのです。

膝下のねじれが原因でO脚になっているのかどうかを知るには、膝の向きを見れば簡単に判断できます。膝が内側を向いている場合は、膝下のねじれが原因でO脚が起こっている可能性が高いです。

膝下がねじれている場合は、自分で矯正するのが困難だと思うかもしれませんが、自分で矯正する方法もありますので安心して下さい。確かに自分で無理に足を曲げようとすると、余計にO脚が悪化する可能性もありますし、足に痛みを感じる可能性もあるため、注意が必要です。しかし、正しい方法を実践すれば矯正することは可能ですので、正しい方法を把握し、チャレンジすることが大切です。

膝下がねじれていると聞くと、骨が曲がっているのではないかと思うかもしれませんが、骨が曲がっているとは限りません。一般的には、筋肉のバランスが崩れていたり、膝関節が歪んでいる場合が多いですから、矯正しやすいのです。骨自体が曲がっている場合は、自分で矯正することが困難なこともありますが、そのような人は非常に少ないのです。

症状が悪化している場合は、膝に痛みなども生じるでしょうから、判断しやすいのではないでしょうか。もし不安なら、医療機関を受診して検査を受けた方が安心です。通常であれば、医療機関で治療を受けずに、自宅でストレッチを実践したり、整体院などを利用して矯正することは可能ですので、まずはそのような方法からチャレンジすることをオススメします。

ただし、自分で矯正する場合は、毎日ストレッチなどを実践する必要があります。毎日続けることで、徐々に筋肉や膝関節の歪みを矯正できますので、根気強く続けることがポイントです。もしある程度続けても効果が見られないようであれば、方法が間違っている可能性もありますので、方法を見直してみたり、その他の方法を検討すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする