O脚とX脚の判断方法について

O脚とX脚の判断方法について

O脚とX脚の判断方法には、いくつかのポイントが挙げられます。O脚では無いことが分かっても、実はX脚だった…という可能性もありますので、今回はO脚とX脚の判断方法について紹介しましょう。

まず、足の形を見て判断する方法です。O脚の場合は、まず太ももの付け根部分をチェックしてみましょう。この付け根部分が外側に出っ張っている場合はO脚の可能性があります。また、太ももの内側と膝、ふくらはぎ、くるぶしの間に隙間が生じるかどうかというのは、簡単に見分けるポイントです。最も良いのは、この全てがくっついていることですが、1カ所だけくっついていなかったとしても、それだけでO脚だと判断できるわけではありませんので安心して下さい。

また、ふくらはぎが外側に張り出していたり、ひざ頭が内側を向いている場合は注意が必要です。一番重要なポイントは、やはり膝でしょう。このようなチェックポイントがありますが、当てはまっている項目が多い人はO脚だと判断できるでしょう。

反対にX脚の判断方法ですが、足を揃えて立った時に太ももと膝が重なったり、歩く時に膝同士がぶつかってしまうのもポイントです。足を揃えて立つのが辛いと感じ、反対に足を開いて立つと楽に感じるでしょう。それから、うつ伏せの状態で寝た時に、膝下が八の字に開くという判断方法もあります。

チェックポイントとしてはO脚よりも少なめですが、X脚の場合は足の形を見ただけで判断しやすいでしょうし、膝同士が擦れる機会ので、自分自身でも気づきやすいでしょう。

O脚若しくはX脚かも…と思うのは不安でしょうが、どちらも矯正方法はありますので安心して下さい。毎日自宅で実践できる方法もありますので、ある程度の努力は必要ですが、継続することで効果が実感できる可能性は充分にあるので頑張ってみて下さい。しかし、あまりにも骨や関節などの痛みが強いようであれば、早めの改善が必要ですから、医療機関を受診するなどして相談してみた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする