O脚が矯正できる走り方は?

O脚が矯正できる走り方は?

社会人になると、普段なかなか走る機会が無いかもしれません。しかし、走り方が原因でO脚になることもありますし、反対に走り方を見直すことによってO脚を矯正できる可能性も考えられます。そこで、O脚の矯正に効果的な走り方を紹介しましょう。

まず、O脚の人は特に普段から膝の関節に大きな負担が掛かってしまい、膝関節の痛みなどにも悪影響を与えます。ただ歩くだけでも負担が掛かるにも関わらず、それが走るとなれば、余計に負担が掛かってO脚の悪化に影響するのは当然です。

O脚を矯正する上で大切なのは、足をまっすぐ前に踏み出すことです。O脚の人は膝が曲がっていることもありますので、意外とまっすぐ前に歩くことが大変でしょう。しかし、意識して前に足を出すことで、膝や脚の歪みを矯正することができます。また、つま先で着地した後は、重心をゆっくりとかかとに移し、かかとでしっかりと地面を蹴ることを心がけてみて下さい。歩く時も同様なのですが、この体重移動をきちんと行うことがポイントです。

また、走る時には腕を振った方が良いですが、腕を振る時もまっすぐ前後に振りましょう。そうすることで、自然と足もまっすぐ前を向くようになる可能性もあります。

最初から走ろうとすると上手く行かないかもしれませんので、最初は歩くことから始め、慣れてきたら徐々に走ることを意識してみてはいかがでしょうか。また、誰かに走り方を確認してもらったり、動画で撮影したものを自分で確認してみても良いと思います。そうすることで、正しい走り方が出来ているのか知ることができますし、どこを直せば良いのかも判断しやすいはずです。面倒でも、O脚を矯正するのなら基本的な歩き方・走り方を改善することが大切です。

また、適度な運動もO脚矯正には効果的ですし、もちろん健康維持に繋がります。O脚を矯正するために走ることはすごく良いことですので、健康維持のためにも頑張ってみましょう。もちろん、美脚効果も期待できますので、女性にとっては大きなメリットなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする