ジョギングでO脚の人の走り方は?

ジョギングでO脚の人の走り方は?

O脚の人は、ジョギングをした時に足に痛みを感じることがあるようです。足が歪んだ状態ですから、ジョギングをすることで余計に負担が掛かり、痛みを生じることがあります。特に、膝関節には大きな負担が掛かるため、膝が痛くなってジョギングが続けられなくなった人もいます。

しかし、O脚の人が絶対にジョギングをしてはいけないわけではありません。注意点を守ることができれば、安全にジョギングができますし、O脚矯正に繋がる可能性もあるのです。ジョギングは足に悪いことばかりではありませんので、その点は安心して下さい。

特に、走る前のケアは重要です。準備運動などをせずにジョギングを開始すると、足への負担が大きくなりますので、必ず準備運動などをして、足への負担を減らすことが大切です。

また、ジョギングをする時のフォームもポイントです。正しい走り方というものがありますので、それをきちんと把握した上で、意識しながら走るようにしましょう。最初は慣れないかもしれませんが、継続しているうちに慣れてくるはずです。

ジョギングが終わった後も、足をマッサージするなどして、痛みが生じない工夫をしましょう。マッサージをすることで筋肉がほぐれますので、翌日の足の痛みなどはいつもより軽減されるでしょう。

このような工夫をすることは面倒に感じるかもしれませんが、これらは全て大切なことです。無理な走り方をすると足を痛めたり、O脚を悪化させたりする可能性もありますので、必ず正しい走り方を把握しておきましょう。もし最初から走るのが難しいようであれば、ウォーキングから始めるのもオススメです。

最も良いのは、O脚を改善した上でジョギングをすることです。しかし、O脚矯正にはある程度の期間が掛かる可能性も考えられますので、健康維持やダイエット目的で実践したいと思っているのであれば、このようなポイントに気を付けながら実践してみて下さい。万が一足に痛みを感じた時にはすぐに中止して、ゆっくりと休むことも大切ですので、忘れないで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする