O脚で膝が外側を向いている場合

O脚で膝が外側を向いている場合

O脚の人は、膝が外側に向いている傾向にありますので、まず自分の脚をチェックするとO脚か否かが簡単に判断できるでしょう。普通の人は膝が正面を向いている状態ですので、膝が外側に向いているということは、それに伴って足も曲がっていると言えるのです。

膝が曲がる原因は色々と挙げられますが、たとえば座り方1つでも大きな原因となります。横座りをすると、足だけでなく膝も曲げることになるでしょうが、そのような膝や足に負担の掛かる座り方をすると、徐々に曲がってしまうのです。膝が外側に曲がっている場合は、矯正することができないと思うかもしれませんが、矯正する方法はありますので安心して下さい。膝が曲がっている場合は、正面を向くように矯正する必要がありますので、矯正に時間が掛かる可能性はあります。しかし、マッサージによって集中的にケアしたり、エクササイズなどの方法もあるのです。もちろん、整体院でも集中的に膝の歪みを矯正する方法もありますので、相談してみても良いのではないでしょうか。

O脚の人は、足自体の歪みも気になるでしょうが、膝の歪みは恥ずかしいと感じる人が多いようです。なので、何とかしたいという思いから、痛みが強くてもマッサージを続ける人もいますが、絶対に止めて下さい。基本的に痛みを感じるということは、足への負担が大きいと言えるのです。膝などに負担を掛けると逆効果となり、O脚が悪化することも考えられます。基本的にマッサージやエクササイズを実践する場合は、痛みを感じるというよりは、少し痛いけど気持ち良いと感じる程度が理想的です。自分で実践する場合はこのような注意点も把握した上でチャレンジしてみて下さい。

また、膝が外側に曲がるのには必ず理由がありますので、その原因を突き止めることも大切です。結局、1度矯正できたとしても原因が取り除くことができていないと、再びO脚になる可能性もありますので、その点は理解しておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする