O脚は膝の向きが重要

O脚は膝の向きが重要

O脚か否か判断するには膝の向きがポイントとなります。本来なら、膝は正面を向いているものですが、O脚の人は脚が曲がった状態ですので、それに伴って膝も曲がってしまうのです。膝の向きが内側を向いている場合は膝下O脚である可能性が高いですから、自分の脚をチェックしてみると良いでしょう。

また、もしチェックした時に膝が曲がっていた場合、どうすれば良いのかというと、O脚矯正を検討してみて下さい。膝が横を向いているのを正面に戻すのは難しいと思うかもしれませんが、毎日コツコツと矯正を続けることによって徐々にO脚が改善されたという人は意外と多々いるのです。

膝が曲がっている人は、膝下部分が大きく歪んでいることが多いですから膝下O脚と言いますが、膝下O脚に効果的なストレッチ方法などもありますので、調べてみると良いでしょう。

ただ、膝下O脚は膝下部分だけが曲がっているように思われがちですが、それだけではありません。骨盤部分から大腿骨部分も内側にねじれた状態ですから、骨盤の歪み、太ももの歪みも同時に矯正することが大切なのです。結局、この部分の歪みが改善されなければ、美脚とは言えないでしょうから、女性にとっては満足のいく結果にはならないはずです。

それから、忘れてはならないのが足首の歪みです。O脚の人は足首の歪みも矯正しなければ、なかなか膝下O脚は改善されないでしょう。このように、色々な部分が歪んでいますので、全体に効果的なストレッチやエクササイズを実践することが大切です。マッサージでも良いのですが、一か所だけに効果がある方法では無く、いくつかの方法を組み合わせるなどして、全体を矯正することを心がけてみましょう。また、自分はどの部分が特に歪んでいるのかチェックして、特に歪んでいる部分は集中的にケアすることもオススメします。まずは膝の歪みをチェックしてみて下さい。内側に歪んでいる場合はO脚ですが、外側を向いている場合はX脚と言えますので、また矯正方法が変わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする