O脚の人はヒールを避けよう

O脚の人はヒールを避けよう

女性は脚長効果を得るためにヒールを履くこともあるでしょうが、ヒールはO脚の原因となるのです。なので、O脚を悪化させたくないのであれば、出来る限りヒールを履くのは避けた方が良いでしょう。

ヒールを履く時には歩き方に注意する女性もいるでしょう。脚を美しく見せたいのであれば、いわゆるモデル歩きと言われる歩き方をした方が良いと思うかもしれません。しかし、O脚の人は脚のバランスが崩れやすいという特徴がありますので、なかなか正しい歩き方ができない可能性があります。特に、ヒールの場合はただでさえバランスがとりにくいという特徴がありますので注意が必要なのです。

やはりO脚を矯正するには歩き方を見直すことも大切ですし、靴を見直す必要もあります。ヒールの靴の場合は外反母趾の原因となることもありますが、外反母趾から脚のバランスが乱れてO脚になることもあるのです。なので、脚への負担が最も少ない、自分の足に合った靴を選ぶようにしましょう。やはり毎日ある程度の時間歩くのであれば、スニーカーなどの負担の少ない靴がオススメです。

ただ、歩き方を見直そうとしても、O脚の人はバランスがとりにくく、歩きにくいと感じるかもしれません。そのような時はO脚矯正用のインソールを使用してみてはいかがでしょうか。O脚矯正用のインソールは平らでは無く、傾斜が付いていて脚の重心が自然と内側に向くように作られているのです。自分で足のバランスを保とうと意識しなくても、自然と正しい位置に重心が来るようになるでしょうから、手軽にO脚矯正ができると言えます。

とはいっても、デートなどの時にはスニーカーという訳にもいかないでしょうから、たまにはヒールを履くこともあるでしょう。その時には、できるだけヒールを履く時間を短くしたり、ヒールを履きつつO脚矯正用のインソールを使用するなど、工夫をしながら履いてみて下さい。そうすれば、O脚の悪化を防ぐこともできますし、普段は脚に合った靴を選べばO脚矯正をすることもできるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする