O脚を改善するなら開脚運動

O脚を改善するなら開脚運動

O脚を改善する方法として開脚運動があります。開脚運動をすることで体の柔軟性を保つことができますが、脚の筋肉が固まってしまうことによってO脚になる可能性は高いのです。特に、年齢を重ねると運動をする機会が減り、体が硬くなりがちでしょう。なので、O脚を改善したいのであれば、開脚運動を実践して脚の筋肉を柔らかくすることが大切です。普段開脚運動をする機会が無い人が実践すると脚が痛い、辛いと感じる傾向にあります。たとえ最初は上手く脚を開くことができなかったとしても、毎日続けることで徐々に開く角度が広くなるはずですから、実践し続けてみて下さい。

ただし、あまりにも強い痛みを感じるほど無理に足を広げる必要はありません。少し痛いと感じる程度で止めておきましょう。それでも毎日続ければ何らかの効果が実感できるはずですから、その点は安心して下さい。この開脚運動のことは股割りとも言われますが、お相撲さんがチャレンジすることが多い方法ですから、多くの人がご存知でしょう。何も準備する必要も無く、ただ床に座って脚を広げるだけで良いですから、早速チャレンジしてみましょう。

開脚運動をする際には、できるだけ脚をまっすぐ開くことが大切です。脚を限界まで開いたら、今度は上半身を前に倒してみて下さい。そうするだけで気持ちが良いと感じるのではないでしょうか。このように手軽に実践できるO脚矯正方法は多々ありますので、無理をせずに実践してみて下さい。

また、足の筋肉を使う機会が少なく、股関節が固まってしまうと、骨盤まで歪んでしまう恐れがあります。骨盤の歪みによって下半身の血流が悪化してしまったり、脚のバランスが乱れてO脚を引き起こしてしまいますので、女性にとっては悪いことばかりなのです。その上、血流が悪化することで下半身太りにも影響しますので、スラッとした脚を目指すためにも開脚運動は効果的だと言えるでしょう。毎日続けることで、美脚効果が得られるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする