O脚でふくらはぎが外側に曲がっている場合

O脚でふくらはぎが外側に曲がっている場合

O脚で悩んでいる人は自分の足を確認してみて下さい。足が外側に曲がっていることをO脚と言いますが、ふくらはぎ部分が大きく外側に曲がっている場合もあるのです。ふくらはぎは膝下部分に存在していますが、膝下部分だけが外側に曲がっているのであれば、膝下O脚だと言えるでしょう。膝がくっつくか否かにもよるのですが、膝下O脚の場合は膝はくっつくこともあり、ふくらはぎがくっつかない状態なのです。なので、まずは自分の足の状態を確認することが大切です。

しかし、ふくらはぎが外側に曲がっている状態を矯正する方法もあります。たとえば、ストレッチ方法もありますので、自宅で自分の時間が空いた時にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回はそのうち1つの方法を紹介しましょう。まず、床にお尻を着けた状態で座り、足をまっすぐ延ばします。そして、右手で左足の小指付近をしっかりと持って、足首を内側に回してみて下さい。この時、足に力を入れると足を痛める可能性がありますので、力を抜いた状態で回すことが大切です。また、手で足を掴む時に体のバランスが崩れやすいですから、倒れないように左手は床に付いた状態でストレッチを行って下さい。

今度は、膝を伸ばした状態で右の方向に向かって足を引っ張って下さい。この時膝を伸ばしてしまうと意味がありませんので、必ず膝はまっすぐ伸ばした状態で行うことが大切です。今度は反対側の足も同じように行います。

このような簡単にできるストレッチ方法でも毎日行うことによって膝下O脚が改善される可能性は充分にあります。お風呂上がりは特に筋肉も柔らかくなっており、血行も促進された状態ですから、ストレッチをするにも最適です。ストレッチを行う時に力を入れ過ぎると逆効果となる可能性もありますので、無理をしないように心がけましょう。なぜこのようなストレッチ方法が効果的なのかと言うと、膝下O脚の場合はふくらはぎの筋肉が固まってしまってしまう傾向にあるからです。このストレッチによって筋肉をほぐしたり、筋肉を正しい位置に持って来ることができる可能性がありますので、膝下O脚という悩みを解決したいのであれば、ぜひ実践してみて下さい。それと同時に、アロマオイルなどを使用して足のマッサージをすると血行が促進されてO脚が改善されたり、お肌がキレイになる可能性がありますので試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする