O脚の矯正でふくらはぎに効果的なストレッチ方法

O脚の矯正でふくらはぎに効果的なストレッチ方法

O脚の矯正をするにあたり、ふくらはぎの歪みを矯正することは大切です。ふくらはぎの筋肉が歪んだり衰えることによってO脚になってしまいますし、ふくらはぎが歪んでいると見た目も悪くなってしまいます。美脚と言われる足はキレイでまっすぐというイメージでしょうが、ふくらはぎが歪んでいると美脚とは言えない状態になってしまうのです。

O脚の矯正でふくらはぎに効果的なストレッチ方法もありますので、ふくらはぎの歪みなどによるO脚で悩んでいる人は試してみると良いでしょう。それでは、簡単に実践できるストレッチ方法を紹介しましょう。

まず、かかとをくっつけた状態で、両ひざとふくらはぎ、くるぶしの3点がくっつくところまで、ゆっくりと膝を曲げていきましょう。どんなにO脚の人でも、膝を徐々に曲げることによってこの3点がくっつくようになるはずです。3点がくっついたところから、今度は反対に膝をゆっくりと伸ばしていきます。できるだけこの3点を離さないように意識することが大切です。膝がまっすぐに伸びたら、先ほどと同じように膝を曲げる…という動きを繰り返します。

また、両方の足を前後に開いた状態で、前にある膝をしっかりと曲げて下さい。両手は床につき、前の足に体重を掛けて両足のふくらはぎをしっかりと伸ばすように意識しましょう。また、前の足のかかとはしっかりと床に付けた状態でストレッチして下さい。浮かすと効果が半減してしまいます。片方の足につき1分ほど続けたら、今度は反対の足を行います。膝下O脚の人は特に、ふくらはぎ部分がしっかりと伸びることが大切ですので、ストレッチをする際には注意してみましょう。

このように、特にふくらはぎに効果的なストレッチ方法は多々あります。ストレッチだけだとO脚矯正はできないと思っている糸もいるでしょうが、ストレッチだけでも充分効果が実感できる可能性はありますので安心して下さい。ただ、必要以上に実践すると足を痛めてしまう場合もありますので、それぞれのストレッチは1日に決められた回数だけ行ってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする