O脚はふくらはぎの筋肉チェックがポイント

O脚はふくらはぎの筋肉チェックがポイント

O脚かどうかチェックしたり、O脚を矯正したい場合は、ふくらはぎの筋肉をチェックすることが大切です。普段はふくらはぎに注目する機会が少ないかもしれませんが、O脚の人はふくらはぎが特徴的なのです。なので、O脚かどうか知りたいという場合はふくらはぎの筋肉をチェックしてみると良いでしょう。

O脚なら、ふくらはぎの筋肉が外に張り出している傾向にあります。鏡などで見た時に、ふくらはぎが外側に膨らんでいるようであれば、O脚の可能性があります。足がキレイな人はふくらはぎにあまり筋肉が付いておらず、スラッとしている印象があるのではないでしょうか。

ふくらはぎの筋肉が歪んでいることが原因でO脚になる場合も多いですから、O脚を矯正するのであればふくらはぎの筋肉を鍛えたり、歪みを矯正することが効果的です。ふくらはぎの筋肉はなかなかそう簡単に元の状態に戻らない場合もあるのですが、最近はふくらはぎ痩せなどの方法も人気が高まっていますので、そのような方法を実践すると手軽に、より効果的な方法が見つかるのではないでしょうか。ふくらはぎが細くスラッとすることで美脚に見えますし、O脚矯正に成功すれば、より自分の足に自信が持てるようになるでしょう。

膝下O脚の人は特にふくらはぎ部分が外に張り出している傾向にありますが、膝下O脚というのは必ずしも膝がくっつかないとは限りません。膝はくっつくにも関わらず、ふくらはぎ部分が外側に張り出している為にくるぶし部分がくっつかないということも多いのです。ですから、自分の足の形についてきちんとチェックし、ふくらはぎの筋肉の歪みを矯正する必要があるのか否かをきちんと判断することが大切です。

女性の場合はスカートを履く機会が多いでしょうし、ズボンを履いていたとしてもスキニーのようにピッタリとしたズボンの形であればふくらはぎ部分の形なども目立ってしまうはずです。恥ずかしいという理由でスカートを避けるのはもったいないでしょうから、少しでも早くO脚矯正をスタートさせることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする