O脚は太ももが太い状態になりやすい

O脚は太ももが太い状態になりやすい

O脚の人は脚の形に特徴があります。必ずという訳ではありませんが、太ももが太い傾向にあるのです。なので、太ももを細くしたい為にO脚矯正をしたいと思う女性も多いでしょう。

なぜO脚の人は太ももが太い状態になりやすいのかと言うと、O脚は太ももの内側にある内転筋という部分が衰えることが原因である可能性があるからです。太ももの内側の筋肉は普段使う機会が少なく、年齢を重ねるにつれて衰えがちです。太ももの内側の筋肉が衰えて血流が悪化することによってセルライトが発生したり、むくみやすくなるという特徴があります。なので、太ももが太くなりがちなのです。O脚の人が必ずしも太ももの筋肉が衰えているとは限りませんが、加齢によって運動をする機会が減る女性も多いでしょうから、このような原因である可能性は高いと言えます。

もしこのような原因に心当たりがあるのなら、O脚矯正をする場合には内転筋という部分を着てある方法を実践することをオススメします。内転筋を鍛えるエクササイズであったり、ストレッチ方法などもあります。エクササイズなどであれば自宅で実践できますし、初心者でもチャレンジしやすい方法であったり、短時間で実践できる方法などもあるため、比較的O脚矯正がしやすいのではないでしょうか。

ただし、内転筋の衰え以外にO脚の原因がある場合は、内転筋を鍛えただけではO脚が改善できないと言えるでしょう。太ももを細くしたいという目的なのなら、内転筋を鍛えるのが効果的ですが、O脚の矯正も目的としているのなら、自分のO脚の原因をきちんと考え、取り除くことが大切です。

また、O脚によって下半身の血流が悪化してしまいますので、むくみやすくなるという特徴もあります。むくむと足が太く見えてしまいますので、むくみを解消するためにマッサージをするのも効果的です。毎日入浴後に足をマッサージして、リンパの流れを促進してみて下さい。アロマオイルなどを使用するとマッサージしやすく、血流も促進されやすいですし、美肌効果も期待できます。また、良い香りを嗅ぐことによってリラックス効果が得られるというメリットもありますので、女性には最適な方法だと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする