O脚とヘルニアの関係について

O脚とヘルニアの関係について

椎間板ヘルニアで悩んでいる方もいるでしょう。誰でも背骨が存在しますが、背骨の中には椎間板という軟骨が存在するのです。骨と骨の間に軟骨が存在することによって、スムーズに体を動かすことができるのです。

しかし、このクッションの役割を果たしている軟骨は年齢を重ねるにつれて衰えてしまいます。また、激しい運動などを繰り返すことによって椎間板が外に飛び出す恐れもあるのです。そうすると、椎間板がはみ出すことによって神経を圧迫し、強い痛みを伴うことになります。椎間板ヘルニアになると通常の腰痛などとはまた違った激しい痛みが生じますので、自分でも気づきやすいのではないでしょうか。

ヘルニアの気になる症状ですが、腰に痛みを感じるだけでなく、初期段階だと腰が曲げにくいと感じることもあるのです。その後、病状が進行すると歩行するのが困難になることもありますので、放置せずにすぐに治療を受けることが大切なのです。

このような特徴があるヘルニアですが、ヘルニアとO脚にも何かしらの関係があるのでしょうか。ヘルニアからO脚になったり、O脚から必ずしもヘルニアになるというわけではありませんが、何かしらの関係がある可能性は考えられます。ヘルニアになると腰痛に悩まされるようになり、下半身のバランスが乱れる場合もあるのです。下半身のバランスの乱れからO脚になってしまいますし、足に大きな負担が掛かるようになる可能性もありますので、できるだけ早くヘルニアを改善した方が良いでしょう。

また、関連性が無かったとしても、O脚もヘルニアも軽い段階であれば整体院などで矯正できる場合もあります。なので、腰痛などが辛くて気になっているのなら、早めに整体院などに行って治療を受けた方が良いかもしれません。

いずれにしても、ヘルニアの場合は痛みを感じて辛い思いをするでしょうから、O脚を予防するためにも、医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。また、症状が進行してしまうと手術する必要が出てくるかもしれませんので、その点も理解した上で、自分の症状をきちんとチェックしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする