O脚の見極め方を把握しておこう

O脚の見極め方を把握しておこう

自分はO脚ではないと思っていても、実はO脚だったという可能性も考えられます。また、O脚の定義をきちんと把握できていなければ、自分がO脚かどうかの判断が難しいでしょう。そこで、O脚の見極め方について紹介しますので、ぜひ参考にして、みなさんがO脚なのかどうかチェックしてみて下さい。

まず、できれば全身が映る鏡を用意して下さい。もし無ければ、下半身だけ映る鏡でも構いません。鏡の前にまっすぐな状態で立ったら、かかと同士の内側をくっつけ、両足を揃えて下さい。この時、足に力を入れると判断しづらくなる場合がありますので、あくまで自然な状態で力を抜いて立つことが大切です。

その上で、膝頭がどこを向いているのかチェックしましょう。膝頭が内側を向いていたり、膝頭がくっつかないようであればO脚だと判断できるでしょう。膝頭は通常まっすぐ正面を向いた状態になりますので、内側を向いているということは、それに伴って足が曲がっていると判断できるのです。また、ふくらはぎについてもチェックして頂きたいのですが、ふくらはぎもくっつかずにお互いが離れていたり、くるぶしがくっつかない…という場合もO脚の可能性が高いのです。意外とチェックポイントが多いですから、O脚かどうか判断してみて下さい。

また、足の形を見ただけでなく、靴のすり減り方によってO脚か否かを判断する方法もあります。普通の歩き方をしていれば、靴の底全体が均一にすり減っていくでしょうが、靴の底部分の外側ばかりがすり減っているようですが、外側に力が入り過ぎていると言えるのです。O脚の人は外側に重心が傾きやすいという特徴がありますので、靴の外側ばかりが削れているようであれば、O脚の可能性が強いでしょう。

このように、O脚は手軽にチェックすることができます。たとえO脚で無かったとしても、O脚とは反対の状態であるX脚やXO脚の可能性も考えられますので、併せてその可能性は無いのかチェックしてみると、より安心できるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする