O脚が原因で腰痛が生じる場合も

O脚が原因で腰痛が生じる場合も

O脚が原因で、体に様々なトラブルが生じる事もあります。その一例として腰痛が挙げられます。腰痛は腰に負担を掛けることが多いためになると思うでしょう。確かにその通りなのですが、O脚になると、普通の状態に比べて腰に負担が掛かりやすいという特徴があるのです。なので、O脚の人で腰痛持ちなのであれば、O脚が原因の可能性も充分にありますので、腰痛を矯正するためにも、O脚はきちんと改善しておいた方が良いでしょう。

では、なぜO脚と腰痛が関係しているのかという点が気になるでしょうが、O脚になると下半身のバランスが乱れてしまい、その分腰に負担が掛かりがちなのです。O脚が原因で下半身のバランスが乱れた場合、人間は自然と姿勢を保とうとしながら歩いたりするでしょう。そうすると、腰に余計な負担が掛かって痛みを生じやすくなります。

もちろん、原因はそれだけでは無く、単に生活習慣などが原因で腰に負担が掛かっているからとも考えられます。しかし、O脚であることによって普通よりも腰に負担が掛かるのは確かな事です。自分では気づかないかもしれませんが、年齢を重ねると余計に腰に負担が掛かって腰痛を生じやすくなりますし、傷めやすくなります。それを考えると、できるだけ早くO脚を改善して、少しでも負担を軽減してみた方が良いでしょう。それで腰痛が緩和されるのであれば、メリットは大きいと言えます。それだけでなく、O脚を改善することによって足の形も気にしなくて済むでしょうから、O脚を改善しておいて損は無いはずです。その点も含めて、腰痛で悩んでいる人は特に、O脚矯正を検討してみましょう。

中には、O脚と腰痛を矯正する方法もあります。たとえば、姿勢を正すようにすることも大切です。座り方や歩き方が原因でO脚を悪化させてしまうこともありますし、座り方によっては腰に負担を掛けることもあります。基本的な座り方などを見直すだけでも効果が期待できますし、エクササイズなどの手軽な方法もあります。できるだけ手軽に、実践しやすい方法を選ぶと良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする