骨盤矯正が必要なO脚にはヨガがピッタリ

骨盤矯正が必要なO脚にはヨガがピッタリ

O脚の人の中には、骨盤矯正が必要な人もいます。必ずしも骨盤の歪みが原因でO脚になっているわけではありませんので、骨盤矯正をしたからといって、O脚が改善されるとは限りません。しかし、骨盤の歪みが原因でO脚になっているのであれば、骨盤矯正をすることがO脚矯正への近道だと言えるでしょう。

では、骨盤矯正をするのにどのような方法が良いのかという点ですが、ヨガもオススメの方法です。ヨガのポーズの中には骨盤の歪みを矯正する効果が得られるものもあるのです。ヨガのポーズをするだけで骨盤の歪みを矯正することができるのであれば、理想的だと感じる人は多いでしょう。

骨盤矯正に必要なヨガのポーズですが、インターネットで調べたり、ヨガに関する本、DVDを参考にするなどの方法があります。その中の一つの方法をまずは紹介したいと思いますが、初心者にオススメの片足立ちのポーズというものがあります。これはその名前の通り、片足立ちをするだけで良いですから簡単でしょう。まず、かかとはしっかりと地面に付けた状態で、足の指を意識して開きましょう。そして、重心は土踏まずの部分に置いて、片方の足の裏を反対側の足の付け根部分に当てて、まっすぐな状態で立って下さい。できるだけ膝が真横に向くように意識しながら股関節をゆっくりと広げていくようにすると、より効果的です。バランスを崩さないために、両手は体の前で合わせて合掌のポーズをして、ゆっくりと深呼吸をしましょう。今度は反対側の足を行う…といった形で行います。

最初はバランスをとるのが難しいかもしれませんが、毎日実践しているうちに慣れるでしょう。それでも難しいと感じるのなら、足の付け根部分に足をくっつけるのではなく、もう少し下にしてみても良いでしょう。自分で工夫をしながら実践してみて下さい。これ以外にも骨盤矯正に効果的なO脚矯正のヨガのポーズは多々あります。ヨガの場合は毎日実践することで徐々に体に変化が見られるものですから、長期間に渡ってチャレンジすることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする