O脚の人がランニングをするならまず矯正から

O脚の人がランニングをするならまず矯正から

O脚の人がランニングをするのは簡単だと思うでしょう。確かに、O脚の人は普段歩く時、走る時に大変だと感じることは少ないかもしれません。しかし、普通の人とは足のバランスが異なっていますので、それを見直すことも大切なのです。足のバランスが崩れた状態でランニングをすることで足への負担が大きくなり、膝などに痛みを感じやすくなります。一般的には、ランニングなどの有酸素運動をする場合は20分以上継続することが大切だと言われていますが、20分実践するだけでも、足に痛みを感じたり、疲れやすくなる可能性が考えられます。なので、O脚の人がランニングをするのなら、まずはO脚矯正をすることが大切でしょう。

それから、正しいランニング方法を学ぶこともオススメです。ランニングと言っても、ただ走れば良いというわけではありません。どのようにして着地をすれば良いのか、腕の振り方などもきちんと把握することで、足などに負担が少ない方法でランニングをすることができます。O脚の人は、矯正するまでに結構な時間が掛かることも考えられます。そうすると、O脚矯正をしながらランニングをする人もいるのではないでしょうか。その場合は尚更、できるだけ足に負担の掛からない方法で実践しましょう。

もう一つオススメなのは、最初はランニングでは無くウォーキングから始めることです。ダイエットを目的としている人は特に、ウォーキングだと意味が無いと思うかもしれません。しかし、ウォーキングをするだけでもある程度の時間、毎日続けていれば、きっと効果が現れるはずです。しかし、その場合もただ歩けば良いのではなく、足の着き方なども意識してみましょう。その後でランニングを始めれば、スムーズに正しい方法で実践できるはずです。足などに掛かる負担も少なくて済むでしょう。O脚の人は面倒に思うかもしれませんが、将来的に膝を痛める危険性などもあることから、今のうちから矯正しておくことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする