O脚で足が痛いなら矯正を検討しよう

O脚で足が痛いなら矯正を検討しよう

O脚の人で足が痛いと感じているのなら、それはO脚が原因かもしれません。O脚だけが足の痛みの原因ではありませんが、O脚が原因である可能性は充分に考えられます。O脚の人はO脚が原因だと思わないかもしれませんが、放置することで痛みがどんどん強くなる可能性がありますので注意が必要です。

O脚でなぜ足に痛みが生じる可能性があるのかと言うと、O脚は足の歪みによって引き起こされる為、それだけ足のバランスが乱れてしまい、足の負担が大きくなってしまいます。特に関節部分には大きな負担が掛かってしまいますので、膝関節には痛みが生じやすいと言われています。

ただでさえ、人間は年齢を重ねるにつれて膝関節部分のクッションの役割を果たしている部分がすり減ってしまい、痛みが生じやすいのです。しかし、O脚の人は軟骨がすり減る可能性が高まりますので、ある程度若い年齢の人でも痛みを感じる可能性があります。

O脚が原因で変形性膝関節症が生じることがありますが、もし膝に痛みを感じているのなら、変形性膝関節症かもしれません。その場合は放置することで骨同士がこすれ合って、より強い痛みを感じることがありますし、症状が進行すれば少し歩くだけでも痛みを感じる事になり、手術が必要になる事も考えられます。なので、痛みが軽い段階で受診して、きちんと治療を受けることが大切です。

たとえ変形性膝関節症では無かったとしても、O脚の人はそれを防ぐための努力をすることが大切です。その予防方法の一つがO脚矯正ですので、足のバランスを整えるためにも、そして見た目を改善するためにも、O脚矯正を検討してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする