O脚で陸上競技をする人の特徴

O脚で陸上競技をする人の特徴

O脚の人で陸上競技をしているのであれば、少し注意をした方が良い事もあります。なぜなら、O脚の人は普通の人に比べて足のバランスが乱れやすいという特徴があるからです。陸上競技の場合は一秒を争うものであり、日々練習をしている事でしょう。しかし、O脚ということが災いをして、なかなかフォームが改善されなかったり、足が疲れやすい、傷めやすいなどのトラブルが起こることもあります。実際に、陸上競技をしている人でそのような悩みを抱えている人は多いと言われています。

O脚であっても、自分ではなかなか足のバランスが乱れていることに気付かないかもしれません。しかし、コーチなどであればすぐに何が原因でタイムが思うように伸びないのか分かるのではないでしょうか。どんなに頑張っても改善されないのなら、O脚が原因かもしれませんので、早めにO脚を改善した方が良いでしょう。そうでなければ、自分自身も辛いはずです。

O脚を改善することにより、足のバランスがとりやすくなるものです。骨盤の歪みによってO脚になる人も多いのですが、骨盤が歪むことで下半身のバランスも乱れてしまい、体を水平に保つことが難しくなるものです。もちろん、水平に保つことが難しいと言っても、普通に生活する上でそこまで支障があるわけではないでしょう。ただ、陸上競技をするとなると支障になることも多いでしょうから、O脚矯正を決意する人も多いのです。今よりもスピードを上げたい、足が疲れやすい、膝などが痛むなどのトラブルを抱えているのなら、それらのトラブルを改善するためにも、O脚矯正を検討してみて下さい。

ただ、普段陸上競技をしている人は、なかなかO脚矯正をする時間がとれない人も多いはずです。なので、なるべく時間を取らずに実践できる方法を選んでみましょう。また、方法によっては反対に足を痛めてしまうこともありますので、注意が必要です。トラブルを防ぐためにも、あらかじめコーチなどに相談した上で、O脚矯正をするのか、どのようなO脚矯正方法を実践するのか相談してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする