O脚矯正の後のリハビリについて

O脚矯正の後のリハビリについて

O脚矯正をした後にリハビリは必要無いと思っている人もいるでしょうが、実はO脚矯正方法によっては手術が必要になる事もあります。O脚矯正方法も多々ありますが、エクササイズやストレッチなどの方法であれば手軽に出来ますし、もちろんリハビリも必要ありません。しかし、O脚が悪化している場合などは手術という選択肢もあるのです。手術をすることによってO脚矯正もできるのですが、手術後は今まで通りに歩くことが難しく、しばらく入院をしてリハビリが必要になります。確かに、すぐにO脚矯正は出来るでしょうが、リハビリが必要となると辛い思いもするはずです。なので、その点を理解した上で手術を検討した方が良いでしょう。

医療機関によってリハビリ方法も異なるようですが、たとえば足を固定する器具を使用して生活するという場合もあります。足を固定した上で歩行することで、少しずつ正しい歩き方が出来るようになるでしょう。O脚矯正後はしばらく入院することになるのですが、入院期間はそこまで長くありません。なので、リハビリと言っても入院中に完全に足が元通りの状態になるわけではなく、松葉づえを使用した状態で退院して、後は通院するという場合が多いようです。これだけ聞くと、O脚矯正の手術が結構大きな事であることも分かるでしょう。

また、手術を受ける際の費用も気になるところではないでしょうか。それなりに費用が掛かるとなると抵抗を感じる人もいるでしょうし、入院中は当然仕事などを休む必要も出て来ます。確かに手術でO脚矯正をすることは出来ますが、膝に痛みが生じていない場合、そこまでO脚がひどくない場合は、別の方法を検討した方が良いでしょう。既に、O脚が原因で変形性膝関節症になっている場合などは、手術といった方法が勧められることもあるのです。その他にも、リスクが少なく手軽に実践できるO脚矯正方法もありますので、手術という方法だけに頼らない方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする