O脚とリフティングの関係について

O脚とリフティングの関係について

O脚の人がリフティングをする場合、上手く行かないと感じる事もあるようです。やはり、足がまっすぐな状態ではありませんので、普通にまっすぐ上に上がると思ってボールを蹴っても、思った方向とは違うところに飛んでしまうという事でしょう。そうすると、サッカーをしている人にとっては辛い事だと思いますし、大きな悩みにもなるはずです。特に男性の場合はサッカーをする機会もあるでしょうから、O脚を何とかしたいと思うかもしれません。

確かに、リフティングには影響しやすいでしょう。ただ、リフティングの方法を工夫すれば、O脚の人でもリフティングが出来る様になるようです。どのような位置でボールを蹴れば、どの方向にボールが飛んでいくのかということを把握すれば良いのです。最初はコツを掴むまでが大変かもしれませんが、練習をしているうちに徐々に慣れてくるのではないでしょうか。なので、O脚だから…と最初から諦める必要はありません。

ただ、リフティングの時だけでなく、普通にサッカーをする時にも、O脚の人は支障があると感じる可能性もあるでしょう。普通に蹴っていても違う方向に飛んで行ってしまったり、足が絡まってしまったり、走りにくかったり、足が疲れやすかったり…と、O脚の人は足に関するトラブルが起こりやすいものです。それなら、思い切ってO脚矯正をするのも一つの方法でしょう。O脚矯正をすれば、徐々にO脚が改善されて、余計なことは気にせずにサッカーが楽しめるようになるはずです。ただ、O脚が改善されるまでにはそれなりに時間が掛かるでしょうから、サッカーをやりながら、毎日コツコツとO脚矯正を行うことが大切でしょう。

しかし、サッカー選手などを見ると、意外とO脚の人もいるはずです。絶対にO脚を矯正しなければならないというわけでは無く、コツさえ掴むことが出来るのなら無理に矯正する必要もありません。自分でどれがベストなのかをきちんと考えてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする