O脚の人はロードバイクの乗り方にも注意して

O脚の人はロードバイクの乗り方にも注意して

O脚の人は、ロードバイクに乗る事により、O脚が悪化したり、膝に痛みが生じることがあります。なので、ロードバイクに乗る際には注意が必要です。

ロードバイクに乗る時には、当然ですがペダルを踏む事になります。本来なら足の裏でしっかりとペダルを踏むことになりますが、O脚の人はしっかりとペダルを踏むことが難しい傾向にあります。それにより、股関節も歪んでしまうため、結果的に足に負担を掛けて、膝などに痛みが生じやすくなります。また、股関節の歪みによってO脚が悪化してしまう事も考えられますので、できるのならロードバイクには乗らない方が良いでしょう。

痛みが生じた時には無理をしないことが1番です。痛みを感じると言う事は、何らかの負担が足にかかっていると言えるのです。そのまま負担を掛け続けるのは良くありませんし、放置することでロードバイクに乗った時以外でも足に痛みを感じるようになるかもしれません。

また、ロードバイクに乗った時に足に痛みを感じる場合、腸脛靭帯炎の可能性が考えられます。これは、膝の骨と靭帯が擦れることにより、その部分に炎症が起き、痛みが生じるという特徴があるのです。O脚も一つの原因になりますし、運動不足の人が急に運動をすることで起こる場合もあります。もし思い当たる節があるのなら、炎症が起こっているわけですから無理をせず、医療機関を受診して診てもらった方が良いのではないでしょうか。

ただ、O脚だからと言ってロードバイクに乗れないというわけではありません。乗り方を工夫することで足への負担を軽減したり、股関節を歪みにくくすることはできます。そういった工夫を身に付けて、ロードバイクを楽しむと良いでしょう。やはり、運動をすることは基本的に良い事ですし、ロードバイクで走る事はストレス解消にも繋がるはずです。また、ロードバイクは意外と高価なものですから、痛みが生じたからと言って乗るのを止めるのは辛いはずです。

また、O脚の人で今後ロードバイクに乗る事を検討している方は、このような特徴をしっかりと把握しておくと、安全に乗ることができるでしょうから、頭に入れておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする