O脚独特の湾曲を改善するには?

O脚独特の湾曲を改善するには?

O脚の場合、足が独特の湾曲の状態になりますので、その湾曲をどうにかしたいと考える人が多いでしょう。湾曲の度合いが大きければ大きい程気になるはずです。

とは言っても、小さい時にはO脚の子供も多いですから、あまりにも早い段階から気にする必要はありません。4歳ぐらいまではほとんどの子供がO脚とも言われていますが、徐々に足はまっすぐな状態になるものなのです。あまりにも湾曲の度合いが大きいと、完全にまっすぐな状態になるのは難しいかもしれませんが、すぐに矯正しなければならないというわけではありません。

O脚を矯正する方法ですが、ストレッチを試してみてはいかがでしょうか。O脚の湾曲は、長年に掛けてゆっくりと骨や筋肉が歪んでしまった状態ですから、改善する場合にも、ストレッチなどによって元の状態に戻していくのが良い方法です。

例えば、足をまっすぐそろえた状態で立ち、ゆっくりと膝を曲げて両ひざをくっつけましょう。膝がくっついた所で、3秒間キープして、元の状態に戻す…という方法があります。それと同時に、椅子に座った状態でつま先を揃えた立ち、くるぶしと両ひざをできるだけくっつけた状態で、膝の間に雑誌やクッションなどを挟み、ゆっくりと立ちあがる…という方法もあります。これらの方法を同時に、毎日繰り返すことによって、O脚が改善される可能性がありますので、ぜひ試してみて下さい。

これら以外にも、O脚を矯正するストレッチ方法は多々あります。ただ、効果が期待できない方法もありますので、きちんと見極めた上で、効果がありそうな方法を2~3個ピックアップして試してみるといった方法の方が良いでしょう。そうすることで、徐々に足の湾曲も改善され、気にする必要が無くなるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする