X脚かO脚かわからない人は実は多い

X脚かO脚かわからない人は実は多い

自分自身がX脚かO脚かわからないという人は、実は多いと言われています。それに、X脚かO脚というはっきりしたものではなく、XO脚の可能性も考えられるのです。それを把握する為には、X脚、O脚、そしてXO脚の特徴をそれぞれ把握しておくことが大切でしょう。

まず、X脚とO脚というのは、膝の向きを見ることで判断することができます。まっすぐ立った状態で鏡を見てみましょう。その時に、膝が外側を向いている場合、O脚の可能性が挙げられます。通常なら、膝は正面を向くものなのです。また、膝同士がくっつかず、離れてしまうという事でも、O脚の可能性が高いのです。

また、膝が内側に向く場合、X脚の可能性が考えられます。膝を曲げると更に分かりやすいのですが、少しつま先を外側に向けた状態でゆっくりと膝を曲げた時に、膝が擦り合うように内側を向いているようであればX脚の可能性があります。

そして、X脚とO脚が混ざった状態がXO脚です。膝頭は内側を向いているにも関わらず、膝は離れ、ふくらはぎにも隙間が空くという状態の場合はXO脚の可能性が高いでしょう。また、これと反対の症状であるOX脚というものもあるのです。膝頭が内側を向いており、膝がくっつく、ふくらはぎとくるぶしはくっつかずに離れてしまうという状態なのなら、OX脚かもしれません。

このように、基本的には鏡で自分の足をチェックするだけで判断できますので、試してみて下さい。そして、もしX脚やO脚といった状態なのなら、きちんと矯正することが大切です。そうでなければ、いずれにしても関節などに負担が掛かって痛みが生じるようになるかもしれませんので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする