O脚の人向けの床への座り方

O脚の人向けの床への座り方

O脚の人は、床への座り方にも気を付ける必要があります。長年の座り方、立ち方、歩き方などによってO脚になってしまうこともありますので、O脚を悪化させないためにも、そしてO脚を予防するためにも、座り方を見直してみましょう。

床への座り方にはいくつかの種類がありますが、オススメ出来ないのが横座りです。横座りをすることによってどちらか一方の足に負担が掛かってしまいますし、骨盤も歪みやすいという特徴があります。O脚を予防・改善するには、両方の足に同じだけ負担を掛けることですから、体育座り、正座などのように、足のバランスが崩れにくい座り方をするように心がけましょう。

また、このような座り方をするのが大変だと感じるのなら、座椅子を使用する方法もあります。長時間正座をすると足が痺れてしまうという人は多いでしょうし、大変なはずです。少しでも楽に座りたいのであれば、座椅子のようなグッズを活用してみて下さい。

床に座る時には、このような座り方をするのがベストですが、どうしても横座りなどの足のバランスが崩れる座り方をする機会が多いという人は、片方の足だけに負担を掛けない様に、短時間で負担の掛かる足を交代するようにしましょう。左右の足を逆にすることによってバランスが保たれるでしょうから、O脚も予防できるはずです。

また、イスに座る時は大丈夫だと思い込んでいる方もいるでしょうが、イスに座る時にも注意する必要があります。足を組むとバランスが崩れてしまいますので、できるだけ足を組まないようにしましょう。それから、背もたれにもたれかかるのではなく、背筋をピンと伸ばして座ることも大切です。慣れないうちは大変だと感じるかもしれませんが、それを毎日続けることで徐々に慣れてくるでしょうから、意識して毎日続けてみて下さい。このような座り方を注意すると、美脚になるだけでなく、姿勢も正されて、より美しく見えるというメリットもあるのではないでしょうか。女性にとっては大きなメリットでしょうから、ぜひ頑張ってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする